スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県の気になるニュース:交通機関の乱れ続く 近畿で大雪 新幹線は徐行運転

C-26新品未開封 日立 クリーナ CV-SL8
 近畿地方や中国、四国地方の雪は21日未明、強い雨雲が東に抜け峠を越えたが、高速道路の通行止めや新幹線の遅れなど交通機関の乱れが同日午前も残った。大阪など各地でスリップ事故も相次ぎ、大阪管区気象台は積雪や路面の凍結に注意を呼びかけた。

 近畿地方では、同日午前3時現在で兵庫県の兎和野高原で48センチ、奈良市半田開町で3センチの積雪など、内陸部を中心に降雪があった。

 山陽新幹線は始発から相生(兵庫)-広島間の上下線で徐行運転し、最大約10分の遅れが出た。





JR和歌山線は雪の重みで線路脇の竹が架線に接触し、大和二見(奈良)-隅田(和歌山)間などで運休や遅れが発生。近鉄大阪線、吉野線も雪のため運休や遅れが出た。

 高速道路は、関空道と阪和道の一部通行止めが21日午前6時半に解除。空の便は20日夜、大阪から松山空港に到着した日本エアコミューター2319便の防氷装置に不具合が出たが、雪のため交換用部品を陸送できず、21日朝の松山-大阪の往復2便が欠航した。

 大阪府河内長野市の山間部を通る国道371号では20日深夜から21日未明にかけ、乗用車計10台が積雪などのため立ち往生したほか、スリップして追突したりガードレールに衝突したりする事故も計6件あった。いずれもけが人はなかった。
(引用 yahooニュース)



C-26新品未開封 日立 クリーナ CV-SL8





スポンサーサイト

2008年01月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県07年の近畿圏マンション供給は3万219戸、前年比0.2%増 不動産経済研 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県最新広辞苑「芦屋」の説明に誤り=初版から気付かず、増刷時に修正 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。