スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県最新広辞苑「芦屋」の説明に誤り=初版から気付かず、増刷時に修正

当社独自の技法!!蒸らし焙煎珈琲1111円スタート!!コーヒー限定【蒸らし焙煎珈琲】ブルーマウ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080121-00000045-jij-soci
 岩波書店の「広辞苑」で、地名「芦屋」の説明に誤りがあることが21日、分かった。兵庫県芦屋市を「在原行平と松風・村雨の伝説などの舞台」としているが、この舞台は正しくは「須磨」(神戸市)。増刷時に修正する。
 同書店によると、誤記は1955年の初版から続いていた。





現在の第六版は約10年ぶりに改定され、11日に発売されたばかりだった。
 在原行平は平安初期の歌人で、流刑先の須磨で松風と村雨という名の姉妹を愛したとされ、能などの舞台の題材になっている。 

【関連記事】 平仮名の作文、「八つ」を「はちつ」=国語力低下、教師9割が実感-岩波書店調査
【関連記事】 軍強制の記述「訂正必要ない」=大江氏、原告側に反論-集団自決訴訟・大阪地裁
【関連記事】 「命令出してない」=原告の元少佐に本人質問-沖縄戦の集団自決訴訟・大阪地裁


豊かな膨らみの香りと広がるコーヒー555円からスタート!!限定【蒸らし焙煎珈琲】ブラジル・サ...





スポンサーサイト

2008年01月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県の気になるニュース:交通機関の乱れ続く 近畿で大雪 新幹線は徐行運転 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県特報-広辞苑「芦屋」の項に誤記、伝説の舞台は「須磨」 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。