スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

原巨人12回劇勝!坂本が決めた…プロ初安打初打点

いーぐる⇒ sola color. 初回限定 【アニメ】 BANDAIVISUAL BCBA-2943
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070907-00000087-sph-base
 ◆中日1-3巨人(6日・ナゴヤドーム) 巨人の高校生ルーキー・坂本が大仕事をやってのけた。延長12回2死満塁、代打で登場した18歳は中前へ決勝の2点適時打。プロ初安打が天王山となった3連戦の勝ち越しを決める貴重な一打となった。投げては7回1失点の先発・内海の後を受けた豊田-上原-西村で5イニングを無失点リレー。敵地で5時間15分の死闘を制し、クライマックスシリーズ進出マジックを15とした巨人が、V奪回へ弾みをつけた。
写真はコチラ

 詰まった。それでも振り切った。坂本はありったけの力を両腕に込めた。打球はフラフラと上がる。





「落ちろ、落ちろ!」内野手の頭を越え、中堅の芝にポトリと舞い落ちた。その瞬間、ベンチ、そしてG党の願った“奇跡”は現実となった。

 心の準備はできていた。延長12回2死二塁から小笠原が歩かされたとき、原監督に呼ばれた。「(阿部も歩かされて)満塁なら行くぞ」そして主将も勝負を避けられ、舞台が巡ってきた。カウント2-2から高橋の144キロ、高めの直球をはじき返した。プロ3打席目で生まれた初安打が、決勝の2点適時打となった。天王山第3ラウンド、5時間15分の死闘…。価値を証明する形容詞が次々と浮かぶ一戦を決めたのは、18歳の高卒ルーキーだった。

 「気持ちで打ちました。落ちるかな、あっ、落ちちゃったという感じ。最高です」無数のカメラに囲まれ、ぎこちないガッツポーズをつくりながら、まばゆいフラッシュを浴びた...

ニュースの続きを読む



いーぐる⇒ 【ユウユウ コウコウヤキユウドウCV3 カイテイ】 MEDIAKITE MKY-094




,,
スポンサーサイト

2007年09月07日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 祖父母を連れて行きたい温泉地調査、1位は大分県由布院温泉 | 兵庫県 新聞速報TOP | メキシコ西部で邦人2人不明=ハリケーン通過時の海上 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。