スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県阪神大震災・新潟中越地震:震災体験語り合い 兵庫復興住宅で交流 /新潟

258) Aタイヤ!ハンコック XQ OPTIMO 205/65R15 94V 205/65-15 15インチ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080118-00000052-mailo-l15
 ◇川口の住民ら10人
 阪神大震災から13年たった17日、中越地震の震源地だった川口町の木沢集落から、住民ら10人が兵庫県西宮市甲子園口の市営住宅を訪れ、市内の復興住宅に住む人たちと交流した。お互いの被災体験を語り合い「交流を続けよう」と誓い合った。
 中越地震から約3年。木沢集落の住民が「神戸の経験を学びたい」と望み、同地区でボランティアを続ける大阪大学の学生と神戸市のNPO「日本災害救援ボランティアネットワーク」が橋渡しして実現した。






 交流会では、阪神大震災で両足が不自由になった飯干初子さん(61)が「小物づくりなど、自分にできることに精いっぱい取り組んでいる。誰もが生かされている存在。それぞれに頑張りましょう」と呼びかけた。
 涙をぬぐいながら話を聞いた木沢集落の星野良子さん(52)は震災直後から1カ月間、車中生活をしたため、現在もエコノミークラス症候群(静脈血栓塞栓(そくせん)症)の後遺症に悩まされている。「阪神大震災の話を聞くと、自分の体験が目に浮かんで涙が出る。しかし前向きに生きている人がいると知って、生きていくのが楽しみになってきた」と笑顔を見せた。
 交流会では西宮市の大脊戸(おおせと)盛喜さんが彫った地蔵菩薩像が木沢集落の人たちに贈られた。【幸長由子】

1月18日朝刊


258) Aタイヤ! ハンコック VENTUS V8 RS 225/40ZR18 92W 225/40-18 18インチ





スポンサーサイト

2008年01月19日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県:阪神大震災13年:和歌山・四箇郷北小で訓練 アルファ米食べ避難所体験 /和歌山 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県のこれ知ってます?:[収賄]容疑の国交省河川事務所係長を逮捕 兵庫県警 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。