スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県特報-新潟の防災職員が講演 和歌山県庁

258) Aタイヤ! ハンコック VENTUS V8 RS 215/55ZR16 97W 215/55-16 16インチ
 和歌山県庁で17日、自治体の防災担当職員らを対象にした「災害対応研修」が行われた。新潟県に出向中の兵庫県職員、山本晋吾さんが「中越沖地震の教訓から災害対応を学ぶ」と題して講演し、広域応援の重要性などを強調した。

 研修には県内の自治体職員のほか大阪府など近畿4府県から約140人が参加した。

 山本さんは阪神大震災後、人事交流で新潟県へ派遣中の昨年、中越沖地震を体験した。山本さんは「新潟県は平成16年の中越地震を踏まえて、県と各市町村の地域防災計画に綿密な災害対応のスケジュールを決めていたため、中越沖地震ではある程度、先手先手の対応ができた」と分析した。







 また、夏の災害では暑さ対策の重要性を再認識したといい、「避難所に送り込んだ大量の氷柱が意外と役立った」などと説明。さらに、災害弱者対策として、何でも相談できる「ワンストップ相談窓口」や、保健師やボランティアが各戸訪問してニーズを探ったローラー作戦などの取り組みを紹介した。

 近隣自治体からの広域応援と、人と物の支援を管理することの重要性を強調する山本さんは、「県も当初は人的支援を部署ごとに応援要請していたが、いろいろ問題が起きた。しかし最終的には一元化ができた」などと述べた。
(引用 yahooニュース)



当社独自の技法!!蒸らし焙煎珈琲!!555円からのスタート!!【蒸らし焙煎珈琲】元町(特選)ブレ...





スポンサーサイト

2008年01月19日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県の気になるニュース:阪神大震災から13年、川嶋あいが復興祈願歌 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県速報-絶滅危惧…ナベヅルやコウノトリ、四国でも越冬確認 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。