スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県最新阪神大震災13年 「思い共有する力を」2児犠牲の米津さん 小学校で追悼

【ご当地キティ】ここ兵庫県よりお届け…【即納】なくなり次第終了~スポット入荷…ハローキテ...
 阪神大震災で児童8人が犠牲になった兵庫県芦屋市の市立精道小学校で17日、追悼式が行われ、当時1年生だった長男と、同小に入学予定だった幼稚園児の長女を亡くした米津勝之(かつし)さん(47)が遺族代表の言葉を述べた。震災後に生まれた約650人の児童らを前に「震災について想像し、思いを共有する力を持って」と訴えた。

 米津さん一家は同市津知町の自宅アパートで被災。長男、漢之(くにゆき)君=当時(7)=と、市立精道幼稚園に通っていた長女、深理(みり)ちゃん=同(5)=がタンスの下敷きになり亡くなった。

 勝之さんが同小の追悼式で言葉を述べるのは、震災1年目と、漢之君の同級生が卒業する年に当たる5年目に続き3度目。





14年目となる今年は、生きていれば漢之君は成人式を迎えていたはずだった。校庭に設置された「祈」の碑の前に立った勝之さんは、「あなたたちを失った痛みは変わらない」「亡くなった祖父は、成人した君と酒を酌み交わすことを楽しみにしていた。なぜ、という思いは今も消えない」と、改めて無念さをにじませた。

 碑の前に置かれた漢之君の遺影に向かい「君につながる人たちを、深理とともに見守ってください」と呼びかけた勝之さんは、震災を知らない世代である児童らに向き直り、「みなさんは直接震災を知らないが、体験していなくてもそのことを想像する力と、被災した人の思いを知り、それを共有する力を持ってほしい」と訴えた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



S-30★エルメス クリッパ-コンビ レディ-ス中古美品!





スポンサーサイト

2008年01月18日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県特報-<ぼうさい甲子園>グランプリに福島県立双葉高 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県でこんなことが:【阪神大震災13年】芦屋市立精道小で追悼式典 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。