スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県でこんなことが:【阪神大震災13年】「いい街できた」尼崎の復興委が解散へ

 プレミアム ヴィダルサスーン カラーケア トリートメント 180g【全員P10倍 1/18 9:59迄】★税...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080117-00000918-san-soci
 大震災で壊滅的な被害を受け、復興土地区画整理事業の対象となった兵庫県尼崎市築地地区の復興委員会が今年2月、解散する。事業が昨年末に終了したため。17日、住民らは「長かったが、いい街ができた」と改めて街の復興を喜んだ。

 同地区は、約300戸が全半壊。全世帯約1100戸のうち8割の家屋が傾くなどした。

 復興委は震災直後の平成7年2月26日、町内会や婦人会の住民を中心に結成した。合言葉は「まちづくりは住民の手で」。





昨年11月に事業を終えるまで、建設コンサルタントらを招いた勉強会を300回以上開き、住民の声を反映した復興策を市に提案してきた。

 復興委の最後の仕事は、住民の手記や写真など13年の活動をまとめた記録誌の作成。2月中に完成する予定だ。

 17日、住民らは避難先になった小学校で防災訓練に参加した。同復興委常任委員の高橋正信さん(71)は「みんなが力をあわせ、懸命に取り組んだ街の再建。苦労もあったが、いい街ができた」と話した。

【関連記事】
・ 阪神大震災13年 追悼の灯り6434本
・ 「セカンドライフ」に阪神大震災の追悼空間
・ 17日で阪神大震災13年 記憶伝える追悼行事各地で
・ 阪神大震災の写真をデータベース化 兵庫・西宮市、地図情報とリンク
・ 「あの日のことを感じて」 阪神大震災被災地で舞台


 プレミアム ヴィダルサスーン コンディショナー 500g【全員P10倍 1/18 9:59迄】★税込3150円...





スポンサーサイト

2008年01月18日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県特報-西宮えびす福男選び(下) 今年も多くのメデイアが取材 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県【阪神大震災13年】各地で鎮魂の祈り >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。