スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県特報-能登、中越沖の現状聞く=被災地同士、生徒が交流-神戸の県立高校

ナショナル 電子レンジ NE-EH22
 全国の高校で初の「環境防災科」を開設している兵庫県立舞子高校(神戸市垂水区)では17日、阪神大震災で学んだ「いのち」「こころ」「きずな」の大切さを再確認する行事が開かれた。能登半島地震と新潟県中越沖地震の被災地の高校生を招き、復興の現状などについての報告や、パネルディスカッションを通じて交流を深めた。
 招かれたのは石川県立門前高校(輪島市)の男子生徒2人、新潟県立柏崎総合高校(柏崎市)の女子生徒2人と引率教諭ら。





 

【関連記事】 首都圏の学校へ地震計設置開始=予測精度向上に期待-東大研究所
【関連記事】 命の重み、助け合い=「1.17」体験、次の世代へ-阪神大震災13年、鎮魂祈り
【関連記事】 人とのつながり希薄に=以前より便利は9割-被災者の意識調査・阪神大震災
【関連記事】 鎮魂と防災、誓い新たに=阪神大震災、17日で13年-各地で追悼行事、訓練も
(引用 yahooニュース)



オフシーズンの大特価!《限定特売》▲国産オオクワガタ “宮崎県綾町産” 幼虫(初~2令)(...





スポンサーサイト

2008年01月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県【阪神大震災13年】各地で鎮魂の祈り | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県:阪神淡路大震災から13年、小田実氏の魂を受け継ぎ、14日に市民集会開催=芦屋・山村サロンで >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。