スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県:阪神淡路大震災から13年、小田実氏の魂を受け継ぎ、14日に市民集会開催=芦屋・山村サロンで

当社独自の技法!!蒸らし焙煎珈琲1111円スタート!!コーヒー限定【蒸らし焙煎珈琲】ブルーマウ...
【PJ 2008年01月11日】- 「市民=議員立法実現推進本部」「『公的援助法』実現ネットワーク被災者支援センター」「市民の意見30・関西」の3団体は14日、兵庫県芦屋市の芦屋山村サロンで、「阪神淡路大震災から13年 被災の現在 支援の現在 そして今、なお、なにが必要なのか」「被災者の声 国動かした」と題して、市民集会を開催する。

 集会の呼びかけ人は、神戸大学名誉教授の早川和男氏、弁護士の伊賀興一氏、「公的援助法」実現ネットワーク被災者支援センターの中島絢子氏、市民=議員立法実現推進本部事務局長の山村雅治氏。

 呼びかけ人らは、小田実氏(昨年7月死去)が被災者に対する公的支援を求めた「市民立法」運動を出発点に、小田氏と共に被災者支援のあり方を問い続けた4人で、この日の集会では、小田氏が被災地内外に発信してきたメッセージの意味をもう一度確かめようと考えているという。







 呼びかけ人らは、この日の集会の主旨について「阪神淡路大震災に被災後、13年を迎えます。震災の翌年1996年から、代表の小田実さんとともにはじめた「市民=議員立法」の運動は、1998年に「被災者支援法」成立という橋頭堡を築き上げました。その後も同法の不備な点を指摘し続け、改正案や視点をかえての新法を考えるなど、さまざまな試みを継続してきました。

 2007年夏に小田実さんは急逝されましたが、同年秋に「改正被災者支援法」が成立し、ようやく住宅本体へ支給が認められ、年齢年収の支給要件が撤廃されました...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



【特盛】千里屋セットプラチナ【焼肉屋さんで頼んだら10人前:神戸牛【送料無料【牛肉】【焼肉】





スポンサーサイト

2008年01月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県特報-能登、中越沖の現状聞く=被災地同士、生徒が交流-神戸の県立高校 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県広島県警 脂肪溶解剤無許可販売のエステ機材販社「プロジェクトバーン」社長を逮捕 (薬事法ニュー >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。