スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県の気になるニュース:朝焼けに焦れて:/5 マグロ船からの報告 国とのつながりが必要 /静岡

清水俊彦作 灰釉胴紐湯呑
 ◇政治から遠い漁業者
 漁獲規制と魚値の安値、燃料の高騰とマグロ船に三重苦がのしかかっても、政府が支援に乗り出す動きはあまり見られない。
 業界が求めているのは、燃料費補助など船の操業への支援だ。だが、実際に予算が付くのは港湾建設など公共工事型のインフラ関連ばかり。日本とEU(欧州連合)の水産関連予算を比較すると、日本ではインフラ整備に予算の6割が使われ、漁船関係は7%。一方EUはインフラが7%、漁船関係が3割強と逆転している。焼津漁協の片山啓太郎専務理事は「国は漁業を見ていない。漁師のことを真剣に考えてくれる国会議員はいないのか」と肩を落とした。
  ×  ×  ×
 7月の参院選で、漁業関係者はショックを受けた。





漁業者代表として初めて立候補した兵庫県漁連会長(当時)の丸一芳訓氏(56)が大敗したのだ。陣営の読みは「最低でも17万~18万票」。だがふたを開ければ10万票強しか取れなかった。
 丸一氏が選挙ポスターを撮影した同県の明石浦漁協では、07年は海水温が上がりすぎて特産のノリが赤ばみ、11月のシーズン初入札では、ノリの価格は06年より5円低い1枚9・9円しか付かなかった。同漁協の戎本忠雄専務理事が「量販店が目を向けない小魚中心の沿岸漁業は体力が年々落ちている。もうやめようかという話も出ている」と話すほど危機的な状況にある。
 だが危機感は、政治的な行動につながらない。同県内で漁連組合員は約6800人いるが、丸一氏が県内で取れたのは約1万6000票...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



C-9 タイガー マイコン炊飯ジャー JAG-B100 新品





スポンサーサイト

2008年01月07日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県速報-阪神今岡「新人のつもりで頑張る」 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県でこんなことが:桃子、原点回帰で3333段“初走破” >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。