スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県北摂特産の「菊炭」守る活動本格化  千利休も愛用

ルイ・ヴィトン/モノグラム ミニ・モンスリ M51137 USED
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080105-00000921-san-soci
 茶の湯の世界で重宝され、千利休も愛用したといわれる北摂地域(大阪府北部、兵庫県南東部)特産の「菊炭(きくずみ)」を守る活動が活発化している。炭焼き職人の高齢化と原木のクヌギ林の荒廃によって衰退の道をたどっていたが、特定非営利活動(NPO)法人による後継者育成が実を結び、ボランティア職人による生産も軌道に乗りだした。新たな炭焼き窯を作る計画もあり、「伝統の逸品を後世に残したい」と意気込んでいる。


 菊炭は、切り口が満開の菊の花のように見えるのが特徴。燃焼時間が長く、燃え尽きた灰が白い粉雪のように残ることから、茶の湯の世界では最高級の炭とされ、見た目の華やかさから正月飾りにも用いられる。





千利休が愛用し、豊臣秀吉が催した観月の茶会にも使われたとされる。


 大阪府池田市が集積地だったため「池田炭」の別名があり、現在も同府能勢町、豊能町、兵庫県川西市などで生産されているが、職人はわずか5人で大半が80歳代。最盛期の明治期にあった炭焼き窯約60基も8基まで減っており、消滅の危機にひんしていた。


 こうした現状を伝えようと、NPO法人シニア自然大学(大阪市福島区)が平成16年に「菊炭体験講座」を開講。クヌギの間伐や炭焼きなどの生産技術を学ぶ10日間ほどの実習だったが、危機を感じた参加者23人が受講後にボランティア団体「菊炭クラブ」と「菊炭友の会」を設立し、伝統の継承を模索してきた。


 菊炭の生産には、窯の中の空気量の微妙な調整など高度な技術が必要となるうえ、材料のクヌギも枯らさないよう絶妙のあんばいで切ったり育てたりする...

ニュースの続きを読む



清水俊彦作 海老絵徳利セット





スポンサーサイト

2008年01月07日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県特報-三鷹75年ぶり都立2勝!U17代表を完封だ16強!…全国高校サッカー第3日 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県:<年賀状>三田市長が印刷物郵送 公職選挙法に抵触 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。