スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

復活にかける:光星学院野球部/中 進化する金沢野球 /青森

「ココナッツカスタードケーキ?、焼きプリン?」不思議なふしぎな味のカノムモーケン!【冷凍...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070905-00000047-mailo-l02
 ◇1点を取る泥臭さが原点--優しいより温かい人間育成
 青森山田が甲子園で報徳学園(兵庫)を破った8月12日、八戸市美保野の八戸大学キャンパス内グラウンドでは、朝から、光星学院ナインの声が響き渡っていた。同日の八戸市の最高気温は平年より5・7度も高い32・6度。うだるような暑さの中、選手たちは休憩も含め、約11時間にわたって白球を追い続けた。
 「この時期、ここにいるのは寂しいね」。金沢成奉(せいほう)監督(40)はナインに視線を向けながらつぶやいた。
 金沢監督は95年11月に光星の硬式野球部監督に就任して以来、春3回、夏4回甲子園を経験している。






 特に、夏は甲子園に出るたびに好成績を収めてきた。00年ベスト4、01年ベスト8、03年は準々決勝で、ダルビッシュ有投手(現日本ハム)がいた東北(宮城)に1―2で惜敗しての8強だった。このころの金沢監督は、全国制覇のことしか頭になかった。「甲子園に出て初戦で負けるくらいなら、甲子園に出ない方がいい」とすら考えていたという。
 「金沢野球」の真骨頂は、何が何でも1点を取ろうとする泥臭さにあった。しかし、光星の名が全国区になった直後の04~05年、「金沢野球」から泥臭さが失われていく。甲子園など全国の舞台で接した強豪校の練習方法やプレースタイルを積極的に取り入れていたのだ。このことで、選手のプレーは確実に洗練されていった。しかし、チームからは次第に勝負にかける気迫が消えていった...

ニュースの続きを読む



ポメラニアン07年07月08日生まれの女の子z07081709





スポンサーサイト

2007年09月05日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< UPDATE1: 兵庫県、期間20年公募公債の発行条件を決定=利率2.37% | 兵庫県 新聞速報TOP | 大阪、京都府で震度3 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。