スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県でこんなことが:陸自今津駐屯地:新部隊、3月末から常駐 隊員50人「移動監視隊」--高島 /滋

通常価格 78,750円新春特価!必見!超御値打ち!水嶋征夫の芸術 引き箔袋帯「山宵」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080103-00000147-mailo-l25
 ◇「人口増え、活性化」歓迎する地元
 陸上自衛隊中部方面隊の新部隊「移動監視隊」が、高島市今津町の陸自今津駐屯地に3月末から常駐することが分かった。車両に積んだレーダーなどで情報収集する部隊で、隊員数は約50人。過疎化や住民の高齢化が進む地元では、人口増につながる新部隊の常駐を歓迎している。【近藤修史】
 中部方面総監部(兵庫県伊丹市)によると、同隊は電子機器を車両に積んで野外で情報収集し、敵国の動きなどを偵察するのが任務。準備部隊が昨年8月に着任し、受け入れ体制を整えている。
 同駐屯地には現在、第3戦車大隊や第10戦車大隊などが駐屯し、隊員数は約700人。





06年3月、常駐していた第3師団第3特科連隊第5大隊が別の駐屯地に異動し、隊員や家族を含め約250人が市外に転出。地元では、市民税の減収や商店の買い物客らが減る影響が出ていた。
 市は、地元経済への影響や、人口減による地方交付税や自衛隊関連の国からの交付金の減額などが心配されたため、別の部隊の常駐を防衛省に要望してきた。市内を縦断する琵琶湖西岸断層帯による地震が発生した際には、同駐屯地からの災害派遣も期待している。
 市企画部の澤田喜司夫部長は「大災害が発生した場合、近くにいる自衛隊員は市民の救助や復旧活動の大きな戦力。定住人口が増えることは、市内の活性化にもつながる」と期待。市内でインテリア店を経営する久保田忠男さん(65)は「隊員が減少し、飲食店を中心に客が減っていた...

ニュースの続きを読む



Z-50【質屋直営店】カルティエ ミニラブリング





スポンサーサイト

2008年01月04日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県フキ+昆布で人気新商品 綾部・水源の里 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県のこれ知ってます?:イー・モバイル、サービスエリアを全国的に拡大~北海道札幌市内の地下エリアも >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。