スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県速報-08年新春「箱根駅伝を考える」(1)

神戸スイーツ ふんわり焼菓子神戸ぶっせ(いちご) 5個入
【PJ 2007年12月27日】- この季節になると箱根駅伝がそろそろ気になってくるころである。今年は注目度はさらに増え、専門誌は別冊の特集を出し、一般の週刊誌やテレビガイド週刊誌まで特集をカラーで数ページ組む盛り上がりである。年末年始のテレビのスポーツコンテンツとしては、総合格闘技と並ぶ位に成長したと言っていい。

箱根駅伝の功罪
 12月に行われた北京オリンピック選考レースを兼ねた福岡国際マラソンで日本人最上位の3位に入った佐藤敦之(中国電力)2時間7分13秒というタイムは北京をほぼ”当確”にしたといっていい。しかも、日本人男子として2年ぶりのサブエイト(2時間8分以内)はメダルの可能性もないではないのだ。







 佐藤は早稲田大学の出身で学生時代は箱根でエースが走る2区を主に担当した。学生時代にマラソン進出を果たし2時間9分50秒の当時学生新を達成している。指導する中国電力の坂口泰監督に言わせると瀬古利彦の再来である意味越えているという。入社当初駅伝で結果が出てもマラソンの結果が出ず悩んだと言うがやっと大きな結果が出たというべきだろう。

 しかし、箱根選手が全員がきっちりのびたわけではない。確かに箱根でつぶれてしまう選手も少なくないのも現実である。同じ中国電力の同僚で大阪世界陸上にもマラソンで出た尾形剛もそうなりかかった。彼は96年に入社したのだが故障でまともに走れず、ストレスで全身の毛は抜けたうえ、うつろな状態であいさつもまともにできない状態だったという...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



肌のすみずみまで潤いを送り込んで、しっとり肌を維持します。【カオリセレクト エッセンスク...





スポンサーサイト

2008年01月04日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県速報-ITジャーナリストの佐々木俊尚氏に聞く ネットでの誹謗中傷問題(上)実名の義務付け ネットの | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県最新110番・119番:事故で親子が死傷 /大阪 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。