スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県でこんなことが:三鷹75年ぶり都立2勝!U17代表を完封だ16強!…全国高校サッカー第3日

食品フード*産地直送グルメ【産地直送グルメ】神戸牛極上霜降りロースすきしゃぶ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080103-00000055-sph-socc
 ◆第86回全国高校サッカー選手権第3日 三鷹1-0矢板北(2日・西が丘サッカー場) 初出場の三鷹(東京B)が都立勢としては75年ぶりに全国2勝を挙げた。後半38分、DF繁沢健太(3年)が決勝ゴールを決め、矢板中央(栃木)を1-0で破った。野球部が昨夏の甲子園で初優勝を飾った佐賀北(佐賀)は、中京大中京(愛知)を1-0で破り“がばい旋風”を予感させる初戦突破となった。全日本ユース選手権を制した流経大柏(千葉)、前回準優勝の作陽(岡山)は3回戦に進んだが、前々回大会覇者の野洲(滋賀)、過去6度優勝の帝京(東京A)は姿を消した。







 都立の星が再び輝いた。開幕戦で都立勢として56年ぶりの白星を挙げた三鷹が矢板中央を撃破し、ベスト16に進出。都立勢の1大会2勝は戦後初で、戦前を含めると1932年度大会の青山師範(現東京学芸大)以来、75年ぶり2度目となる快挙だ。

 勝利の立役者となったのはDF繁沢。守っては相手のU-17日本代表FW富山にマンマークで張りついて仕事をさせず、後半38分にはFKから値千金の決勝ヘッドをたたき込んだ。垂直跳び77センチとチームNO1の跳躍力を誇る背番号4は「FWを抑えるのが仕事だったので、ゼロに抑えられて良かった。ヘディングは練習してるんで自信あるけど、たまたまって感じです」と、はにかんだ。

 昨年11月17日の都大会決勝・早実戦(2-1)では、マークに付いていた選手に得点を許した...

ニュースの続きを読む



象印 圧力IH炊飯器(5.5合炊き) NP-JE10-XA 新品2





スポンサーサイト

2008年01月04日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県:◎阪神の金本、球界最高年俸で更改=年明けは米で自主トレへ-プロ野球 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県のこれ知ってます?:幸多き一年を祈願 京都府北部の社寺 初詣でにぎわう >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。