スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県でこんなことが:朱鷺色の空に向かって:トキ自然放鳥を前に(その1) 佐渡舞う姿夢に /新潟

食品フード*産地直送グルメ【産地直送グルメ】神戸牛極上霜降りロースすきしゃぶ
 国内で野生種が絶滅した国際保護鳥、トキ(コウノトリ目トキ科)を人工繁殖し、再び野生復帰させるプロジェクトが今年、大きな節目を迎える。事業の核となる「試験放鳥」が今年秋、佐渡市の佐渡トキ保護センターで初めて実施。一度絶滅した動物を自然界に戻す「再導入」の実現例は、国内では05年に兵庫県豊岡市で実現したコウノトリだけだ。佐渡の野に帰ったトキは果たして、無事に捕食、営巣し、子孫を残していけるのか。豊岡市の事例などを参考に、1981年以来27年ぶりにトキが佐渡の空に舞う様子をシミュレーションする。【五十嵐和大、磯野保】(写真は、佐渡市新穂正明寺のトキ野生復帰ステーションで、兵藤公治撮影)<イラスト・さのゆかりさん>
 ◆試験放鳥シミュレーション
 ◇飛び立つ(1)
 08年△月×日、佐渡市新穂正明寺の野生復帰ステーション近くの水田地帯で、国内初めてのトキ放鳥式典が行われ、人工飼育したトキが初めて自然界に放たれた。






 佐渡トキ保護センターの職員が、放鳥するトキを1羽ずつ箱に入れ、野生復帰ステーションから移動。紅白のテープにはさみを入れ、扉が開くと、警戒心からか、トキは辺りをキョロキョロしたり、尻込みしたり。やがて、1・5メートル近い両翼を広げて大空へ――。
 ◇群れ形成(2)
 放鳥されたトキは秋から冬にかけて、佐渡トキ保護センターや野生復帰ステーション周辺の小佐渡丘陵(佐渡島南東部)の東側を中心に、群れを形成して生息するとみられる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



27種類の栄養素が凝縮された小粒タイプマキシAM/PM 60粒





スポンサーサイト

2008年01月03日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県速報-<訃報>小野忠彦さん74歳=日本学生野球協会常務理事 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県でこんなことが:◎フラダンス(福島)など追加認定=地域資源、1万件突破-経産省 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。