スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県でこんなことが:西の湖岸 「芦刈つなぐ縁」 尼崎 夫婦人形 京で“再会”へ

【送料無料】3袋同梱で最終価格は32%オフ!2日で1200kg完売の広島県産 【業務用】特大冷凍牡...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071231-00000020-kyt-l25
 滋賀県近江八幡市や安土町など西の湖沿岸の住民と兵庫県尼崎市の寺が、謡曲などの「芦刈(あしかり)」を題材に夫婦の人形を作り、年に一度、中間地点の京都市で再会させる計画を進めている。すでに尼崎側で夫の人形が完成し、西の湖側で妻の人形を作ろうと募金を呼び掛けている。
 「芦刈」は、貧しさゆえに妻と離れ離れになり、難波の浦(今の尼崎市周辺)でアシ(ヨシ)を刈っていた老人が、妻と再会を果たす物語。尼崎市と西の湖沿岸はアシの自生地として知られ、これを縁に淀川の上流と下流の住民が年に一度交流する場を設けようと、人形を作ることにした。






 尼崎側が夫の「葭(よし)刈り男」を、西の湖側が妻の「葭刈り女」をつくろうと計画。尼崎側はすでに人形師に依頼して高さ約150センチの人形が完成した。西の湖側は「東近江水環境自治協議会」などが募金を呼び掛け、同じ人形師に制作を依頼する予定だ。
 完成後は年に一度、両地の中間にあたり、淀川水系に面した京都市で再会させようと計画している。祇園祭の山鉾に「芦刈」をテーマにした「芦刈山」(京都市下京区)があることから、祇園祭の宵山などに、夫婦を出会わせる構想もある。
 芦刈山保存会の竹村格理事長(58)は「話を聞かせてもらって協力できればしたい」と話している。
 募金の目標額は150万円。問い合わせは東近江水環境自治協議会専務理事の丹波さんTEL0748(46)2006。


象印 圧力IH炊飯器(5.5合炊き) NP-JE10-XA 新品





スポンサーサイト

2008年01月02日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県のこれ知ってます?:架線に凧…運転見合わせ | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県:路上でトラブルの酒酔い巡査部長、制止の警察官殴り逮捕 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。