スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県のこれ知ってます?:まき餌で国乱れ、企業の国内回帰で国栄え

食品フード*産地直送グルメ【産地直送グルメ】神戸牛極上霜降りロースすきしゃぶ
物忘れの激しい国民性と話題の「一極」集中性の悪癖から抜け出せないオピニオン紙なき日本マスコミの限界が織り成す「合成の誤謬」、あれほど「熱狂した郵政民営化」の経済的効果の検証もなく、「年金記録」問題と「相殺」してしまう発想の「豊かさ」。

そもそも、人口減少と老齢化社会の出現、グロバリゼーション経済の加速化は「誰の責め」に帰すべし、などと言う単純な問題ではないはず。「犯人」がいない時には、それを「見つけ出す」のが一番「良い」のだが、一種のパニック現象、集団心理のマイナス的必然(人間である以上、避けようがない。従って、最悪、他国への憎悪感へと誘導することも可能)で、われわれは行き着くところまで行ってはじめてその顛末に「気が付く」ことになるのであろう。







今、与野党は国民への「まき餌」ばら撒き競争に突入し、さし当たっての「急場しのぎ」政策に狂奔していると映る。それは選挙対策であり、最終的な「国難」の解決には結びつかない。何故なら、国の財政赤字は400兆円から更に悪化し、500兆円を超えたと報道されている時に、政治のエネルギーが「新テロ特別措置法」、「年金データ問題」(年金の本質的問題ではなく、官僚制度、公務員制度の問題)に過剰消費されているようでは、予想される「スタグフレーション」(物の本によれば、インフレと不景気が一緒にやってくる?状態とか)への対応など政治家が考えている余裕はないであろう。

最近の日銀による景気判断が、「2004年11月から、約3年ぶりに下方修正された」ように、多くの国民が実感さえできなかった「いざなぎ越えの上昇景気」も終了し、来年から下り坂となれば、それこそ「身を引きしめて」生活防衛に当たらなければならない...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



表参道のサロン発! プロ仕様のクリームシャンプーアプリュス ヘアグランス シャンプーH(ハー...





スポンサーサイト

2008年01月02日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県のこれ知ってます?:ミシュラン三つ星店でも…進まぬ飲食店の禁煙 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県鉄パイプが乗用車を直撃、運転者は避けて無事 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。