スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県:もうひとつの報道被害・・・医療崩壊を推進するマスコミ報道

落札でポイント10倍!辛子明太子1kg(切れ子、バラ子込み)(無着色)【福岡県産】オークション...
【PJ 2007年12月26日】- 医療裁判に巻き込まれたことを主な理由として外科部長が病院を辞めた。彼は肝臓手術の専門家で、肝臓に転移したがんの新しい治療法に取り組んでいた。ガンが転移して他の治療法がない患者に、死亡率は20%くらいと説明し、本人とその妻に同意を得た上で新しい治療法を実施したが、不眠不休の治療のかいなく患者は亡くなった。同意を知らなかった患者の娘が納得せず、訴訟になった。医師は訴訟には勝ったが、多大の心労を負い、「もう、いやになった」と漏らした。

 以上は産経のコラム【断 久坂部羊】07/12/23付を要約したものです。

 コラムの著者は最後に「何とか患者と医療者の敵対する状況は避けられないものか」と結んでいます。







 小松秀樹氏は著書「医療の限界」の中で「産科医は訴訟をきっかけにしばしば参加医療から離れます。私の直接知っている医師にも、訴訟を機に産科をやめた医師が複数います」と述べています。

 ある大病院の勤務医は週80~90時間働いていますが、例外的なケースではないそうです。プライベートの時間はほとんどありません。これに訴訟が加われば心身ともに耐えられず、仕事への意欲を失いかねません。

 一方、救急患者の受け入れ拒否の増加が問題になっています。「救急搬送された患者が医療機関から受け入れを拒否されるケースが、この数年間で都市部を中心に激増していることがわかった。堺市周辺や兵庫県の尼崎、西宮両市などで数倍にのぼっている...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



落札でポイント10倍!辛子明太子1kg(切れ子、バラ子込み)(無着色)【福岡県産】オークション...





スポンサーサイト

2008年01月01日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県の気になるニュース:明石の砂浜陥没事故から6年、市長ら献花し安全決意 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県:事件・事故:殺人未遂容疑で会社同僚を逮捕 /岡山 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。