スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県でこんなことが:余部鉄橋の名物サクラ、架け替え工事で伐採へ

落札でポイント10倍!辛子明太子1kg(切れ子、バラ子込み)(無着色)【福岡県産】オークション...
 老朽化に伴いコンクリート橋への架け替え工事が進むJR山陰線・余部鉄橋(兵庫県香美町余部)のそばで長年、親しまれてきた樹齢約50年の桜が伐採されることになった。工事に支障が出ることが理由だが、桜は住民らが駅完成を祝って植えた記念樹。地元からは惜しむ声が上がっている。

 この桜は昭和34年4月、地元に新駅として余部駅が開設されたのを記念し、住民と当時の国鉄が同駅のプラットホーム横の沿道に計5本を植樹。高さ4~5メートルに成長、ソメイヨシノとみられている。余部地区は駅ができるまでは“陸の孤島”で、鉄橋をわたり、線路伝いに約2キロ先の鎧(よろい)駅まで歩かなくてはならなかった。





駅の完成は住民の悲願で、桜は喜びの象徴ともいえる存在だった。

 ところが、新しい橋は現在の橋から7メートル南側につくられるため、植樹場所が建設地に含まれることになった。JR福知山支社が移植を検討したが、斜面に根を広げていることも予想されることから不可能と判断。早ければ、来春の開花を前に伐採するという。同支社では「『残してほしい』という声も寄せられたが、切らざるをえない」と話している。

 桜は毎春、見事な花を咲かせ、乗降客らの目を楽しませているほか、鉄橋と満開の桜を撮影するため全国からアマチュアカメラマンが訪れる。余部鉄橋の写真集を自費出版するなど、鉄橋の写真を撮り続けている地元のアマチュア写真家の千崎密夫さん(75)は「余部の桜は、雪や紅葉よりも美しく季節感を出せる被写体だった...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



LF-152 Benettonロゴピアス ペンダントトップ中古品!





スポンサーサイト

2007年12月31日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県最新『旅行のクチコミサイト フォートラベル』調査 旅行好きのフォートラベルユーザーが注目した!20 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県:お正月の食材求め熱気 京で「ふるさと物産フェア」 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。