スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県のこれ知ってます?:【ふるさと歳時記】宝塚・清荒神の「納め荒神」

ロレックス☆K18無垢デイデイト1Ref.803美品☆研磨済
 「かまどの神様」として知られる兵庫県宝塚市の清荒神清澄寺で、一年の終わりを告げる「納め荒神」が27日から始まった。

 最寄り駅の阪急宝塚線清荒神駅から寺までの参道は、緩やかな上り坂。約1キロ続く参道脇には、約200の露店が軒を連ねる。「いらっしゃい」。店主たちの威勢のいい掛け声が響く中、新年の縁起物を買い求める参拝客でいっぱい。阪神地域の冬の風物詩だ。

 清荒神は平安時代初期に宇多天皇の勅願で建立。「火の神」「かまどの神」として知られ、納め荒神は、縁日に合わせて約1100年前から始まった。





毎年の人出は27、28日の2日間で約5万人。商売人たちが、台所などに張っていたお札を納め、今年一年の家内安全や商売繁盛に感謝する。

 同寺の有井良(りよう)隋(ずい)執行長(59)は「火は文明の基本。だから火を守る荒神に商売の御利益を期待する」と話す。

 正月用の品を求める人も少なくない。昭和初期から、農家3軒による「しめ縄飾り」の店を訪れる参拝客は多い。ミカンの鮮やかなだいだい色に誘われ、2個、3個と買い求める人もいる。

 人々の営みを支える「火」。清荒神は一年で最も活気あふれる。(阪神支局 林佳代子)
(引用 yahooニュース)



■G-49★フェラガモショルダーバックスエード茶中古品!





スポンサーサイト

2007年12月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県最新<阪神>金本、現状維持で更改 現役日本選手では最高年俸に | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県特報-イー・モバイル、12月のエリア拡大実績を発表 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。