スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県でこんなことが:<第九>年末の風物詩 なぜ人気?

当社独自の技法!!蒸らし焙煎珈琲!!555円からスタート!!限定【蒸らし焙煎コーヒー】マンデリン...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071227-00000052-mai-soci
 年末になると、テレビやラジオから流れ、全国各地でコンサートが開かれるベートーベンの「第九」。いまや1年の終わりを知らせる風物詩だ。世界でも類を見ない現象だが、年末の第九はなぜ人気なのか。その背景は?【遠藤拓】

 2日、大阪城ホールで25回の節目を迎えた「サントリー1万人の第九」が開かれた。クラシックコンサートとしては国内最大級。終盤、1万人の大声量による「歓喜の歌」が会場を包んだ。

 参加した全国の合唱愛好者たちは、3カ月の練習でドイツ語の歌詞を暗譜した。初回から参加している約80人のうちの一人、兵庫県西宮市の会社員、安田春夫さん(58)は「壮大なスケールで心をわき上がらせる曲。





第九を歌わないとその年が終わりません」と言う。

  ◇  ◇  ◇

 日本人の第九好きは世界でも群を抜く。民間シンクタンク、ぴあ総合研究所によると、06年12月に「第九」と銘打った有料コンサートは全国で71公演あり、11万7000人が来場しチケット売り上げは6億4500万円に上る。いずれも12月のクラシック市場全体の約18%を占めた。統計がある03年以降、安定した集客を記録する。

 日本オーケストラ連盟(27団体加盟)の出口修平事務局長(50)は「海外では日本ほど演奏されません。ヨーロッパの指揮者は日本の演奏回数の多さに驚きます」と説明する。

 年末の第九はなぜ愛されるのか。「<第九>と日本人」の著書がある鈴木淑弘さん(68)はこう分析する...

ニュースの続きを読む



☆送料手数料無料☆2度としません・新年だけ!高品質素材のみを使用ビフィドバクテリウムロンガ...





スポンサーサイト

2007年12月28日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県特報-ブログでもSNSでも無い、新しい概念の女性向けWebサービス『B-note (ビーノート)』がスタート | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県の気になるニュース:トヨタ、「SPring-8」に電池材料などの研究専用施設を設置 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。