スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県【風】学校だからこそできる授業

当社独自の技法!!蒸らし焙煎珈琲1111円スタート!!コーヒー限定【蒸らし焙煎珈琲】ブルーマウ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071226-00000125-san-soci
 多くの批判が寄せられた「ゆとり教育」「総合的な学習の時間」だが、支持するメールが2通届いたので紹介したい。

 1人目は、以前にもご意見を掲載した兵庫県の20歳の女子大学生。塾でアルバイトをしながら中学校の教員を目指している方である。

 この大学生は、選択学習の「発展数学」の時間が中学校の授業での一番の楽しみだったと振り返る。先生が配った難易度の高い問題を素材に、解けた生徒がその他のクラスメートに“授業”をしていくという内容だったそうだ。

 《友達の理解力に毎回驚かされっぱなし。こんなワクワク感は生まれて初めてでした。





総合学習という機会がない限り、大人数の学校では、あのような授業を行うことは難しいのではないかと思います》

 授業には普段あまり勉強をしない子も積極的に参加していたという。

 《勉強がきらいだけど数学には少し自信がある子が「全問正解! すごいやろ」と自信満々に言っていたことを覚えています。みんなの自信につながる授業でした。総合学習を否定する前に、その良かった部分にも目を向けたいものです》

 また、小6の息子と小2の娘を持つ大阪府内の30代の母親は、教科学習は親がサポートできるのに対し、総合学習は家庭では学ぶことができない内容を教えてくれたと訴える。

 《核家族化が進み地域との関係が希薄になっている今だからこそ、違う年代の方のかかわり、地域のことなど、総合学習で大切なことを教えてもらっています...

ニュースの続きを読む



丹波立杭焼(兵庫県)宝瓶黒





スポンサーサイト

2007年12月27日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県:フラダンス(福島)など追加認定=地域資源、1万件突破-経産省 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県特報-あっせん収賄・受託収賄で有罪の元神戸市議、村岡功被告の控訴審公判=「控訴審で供述変えたの >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。