スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県:法善寺横丁の土佐料理店の老舗「に志むら」クリスマスで閉店

B171/SHIMANO/マウンテンバイク/公道用
 大阪・ミナミの法善寺横丁にある老舗の土佐料理店「に志むら」が25日、57年の歴史に幕を閉じる。名物のカツオのタタキづくりに使う茅が満足に調達できなくなったためだ。24日には知人らを招いて名物のカツオのタタキを振る舞い、招待客らが名残を惜しんだ。
 同店は昭和25年、高知県出身の先代女将が開店。茅を焼いた火であぶったカツオのタタキが名物で、現在は先代のめいの西川悦子さん(60)が3代目女将。「茅で焼けなくなったら店を閉じなくてはならない」「店を広げてはいけない」という先代の教えを守り続けてきた。
 茅はこれまで、兵庫県の農家などから週に1度、調達してきたが、農家の高齢化に伴って数年前から仕入量が減少。





年間通じてコンスタントに茅を確保しにくい状況になったという。
 常連客からは「茅ならなんとかする」「カツオのタタキがない土佐料理店でも良いのでは」と店の存続を希望する声も相次いだというが、悦子さんの夫で店主の義廣さん(66)は「茅がきちんと調達できなければ、うちの店のカツオの味は出せない」と閉店を決めた。
 同店は閉店前日の24日、横丁内の飲食店などの経営者らを招き、これまでの感謝の気持ちを込めて、カツオのタタキを振る舞った。
 義廣さんがかまどの中に茅を入れて火をおこし、塩をふったカツオの赤身を入れると、辺りにはほんのりと香ばしい香りが。招待客らは「もうこれが食べられないのは悲しいね」と、寂しそうに話していた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



★落札でポイント10倍★《9月獲れメジカ鮭を大量88尾も》北海道産中塩秋鮭特大サイズ約2.2kg前...





スポンサーサイト

2007年12月25日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県速報-星野監督涙の弔辞「島ちゃん、またな」 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県特報-元阪急野手の藤井道夫氏死去=プロ野球 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。