スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県:若虎に追い風!!鳴尾浜が聖地仕様に

【ご当地キティ】ここ兵庫県よりお届け…【即納】やっぱりキテイはかわいぃ~兵庫限定ハローキ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071224-00000003-dal-base
 阪神2軍の本拠地・鳴尾浜球場=兵庫県西宮市=で23日、ブルペンの改修作業が行われた。プレートの形状が、甲子園で使用されているプレートと統一された。先発ローテを含め、大激戦が予想される虎投の1軍枠争い。聖地仕様のマウンドが、若虎の飛躍をサポートする。
 これまでは61センチ幅のプレート部分捕手側の地面下に、土が掘れすぎないように約80センチ幅のゴム素材が埋め込まれていた。プレート幅から左右に約10センチずつはみ出していたことになる。しかし、来季からはルール改正によりこの形状のものが使用できなくなるため、甲子園と同様、プレートと同じ幅のゴムが埋め込まれた。






 今季の猛虎投手陣は福原、安藤の出遅れなど、思わぬ誤算に見舞われたが、一方では若手の活躍も目立った。開幕直後に昇格した渡辺は、貴重な中継ぎ右腕として定着。シーズン中盤に昇格した上園も、一気に8勝を挙げて新人王を獲得した。このほか岩田、若竹も夏場に1軍に昇格して先発登板。プロ初星こそ逃したが、今後に期待を抱かせる投球を披露した。
 ファームには、このほかにもブレークの可能性を秘める若手投手がめじろ押し。この日、改修作業を行った阪神園芸関係者は「大きな感覚の違いはないと思います」と話したが、聖地仕様のマウンドでの練習は、飛躍を目指す若虎たちへの力強い追い風になりそうだ。
 まれに見る激戦が予想される虎投1軍枠争い。たとえ生き残っても油断はできない...

ニュースの続きを読む



☆超美品☆B121/ルイヴィトン/タイガ/ロブスト1/M31052/ビジネスバック





スポンサーサイト

2007年12月25日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県のこれ知ってます?:FTTH(光ファイバー)ブロードバンド契約数が1000万件を超えた=総務省 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県でこんなことが:食の安全ネット、食品業界の信頼回復へ安全推進組織設立を提案 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。