スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県の気になるニュース:全国高校駅伝:男子・秋田工と女子・大曲、本番へ闘志新た--開会式 /秋田

【石川県地酒】加賀菊酒菊姫にごり酒 720ml
 ◇緊張の中にも自信
 都大路を駆け抜ける、男子第58回、女子第19回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社、日本陸連、全国高体連など主催)の開会式が22日、京都市の西京極総合運動公園内の同市体育館で開かれた。県代表の男子・秋田工と女子・大曲の選手たちは、胸を張って入場行進。23日のレース本番に向け、闘志を新たにしていた。
 開会式では各都道府県代表の男女計94チームが一堂に会した。10年連続15回目出場の秋田工は伊藤正樹主将(3年)、2年連続2回目出場の大曲は藤原礼佳主将(3年)を先頭に引き締まった表情で堂々と行進し、緊張の中にも自信がうかがえた。






 坂田敬一・全国高体連会長のあいさつの後、須磨学園(兵庫県女子)の駒井直美主将が選手宣誓をした。レースに向け伊藤主将は「今までの練習の成果を示し、県民の皆さんの期待に応えたい」、藤原主将は「去年よりも平常心で臨めている。一年間都大路でリベンジをするためにやってきたので、集大成の走りをしたい」とそれぞれの抱負を語った。
 23日は、女子が午前10時20分、男子が午後0時半、同公園内の西京極陸上競技場をスタート。レースの模様はNHKテレビ、ラジオで全国中継される。【野原寛史】

12月23日朝刊
(引用 yahooニュース)



▲Z-94 オ-ストリッチ/JRAハンドバッグ 黒





スポンサーサイト

2007年12月24日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県の気になるニュース:◎星野監督、亡き名参謀に「金」誓う | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県特報-地公体による財融貸付金の繰上償還、補償金免除は5500億円程度の見込み >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。