スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県でこんなことが:ダイハツ工業商品開発本部軽開発ブロック主査・本岡豊司氏に聞く

■G-49★フェラガモショルダーバックスエード茶中古品!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071222-00000029-fsi-ind
 ■軽で最大の室内空間「タント」

 □子育て夫婦をターゲットに

 ダイハツ工業は、4年ぶりに全面改良した軽乗用車「タント」を発売した。「ミラ」「ムーヴ」に次ぐ第3の柱として磨きをかけた新型車で、軽自動車で最大の室内空間を実現した。2006年度の軽自動車国内販売シェアでスズキを抜き、初の首位に立ったダイハツの競争力を高める役割を担い、月販8000台を狙う。商品開発本部軽開発ブロックの本岡豊司主に新型タントに込めた思いを聞いた。(臼井慎太郎)

 ≪ドアをスライド≫

 --03年発売の初代タントは月販平均約8000台の主力車種に成長した。





初代からどう進化させたか

 「初代は子育て夫婦の支持を集め軽自動車市場に新ジャンルを確立、他社にも認知させた。当然、新型の企画段階で、いずれ他社もこの分野に出てくると予測した。一方、『もっと商品力を上げないと今の勢いを維持できない』という危機感もあった。ただ、子育て夫婦というターゲットがはっきりしていたので、そこを突き詰めようと考えた。そうした姿勢で、子育て女性や子供の視点を開発に反映する目的で『ママキッズプロジェクト』を企画段階当初に立ち上げた」

 --具体的には

 「社内の子育て女性を集めて、こんなアイテムはどうですかと提示し意見を聞いた。1つが、スライド式ドアの試作品だ。子供が勢いよくドアを開けると隣の車に傷を付けることもあり、スライド式ドアを採用した...

ニュースの続きを読む



●T-101ニュ-トラベルバニティ中古品





スポンサーサイト

2007年12月23日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県速報-<鉄パイプ>走行中、車内に トラックが跳ね上げ? 神戸 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県最新大阪・伊丹空港、「格下げ」濃厚で地元反発 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。