スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県の気になるニュース:○骨髄幹細胞の増殖・分化能力向上=iPS作成用遺伝子の導入で-産総研

X-214★OH済み状態良好品★ロレックス サブマリーナ デイト / Ref.16610
 ヒトの骨髄にあり、骨や筋肉、神経など多様な細胞に変わる「間葉(かんよう)系幹細胞」に特定の1遺伝子を導入することで、増殖能力と骨細胞への分化能力を最大で約100倍高めることができたと、産業技術総合研究所セルエンジニアリング研究部門(兵庫県尼崎市)の大串始主幹研究員らが18日発表した。 この遺伝子は、京都大の山中伸弥教授らや米ウィスコンシン大チームがヒト皮膚細胞から増殖能力が高く、多様な細胞に変わる「人工多能性幹(iPS)細胞」を作った際に使った「Sox2」または「Nanog」。Sox2の場合は、細胞の増殖を促進するたんぱく質「b-FGF」と組み合わせる必要がある。





 骨髄の間葉系幹細胞は、iPS細胞や、受精卵(胚=はい)から作る胚性幹(ES)細胞ほど増殖・分化能力が高くないが、確実に骨や軟骨、筋肉の細胞に変えることができる。このため、既に奈良県立医科大や信州大などでは変形性関節症や骨腫瘍(しゅよう)、国立循環器病センターでは心筋梗塞(こうそく)や拡張型心筋症の治療に臨床応用された例が、合計約80件ある。しかし、増殖や分化がうまくいかないこともあった。 今回の遺伝子導入法は、まだ骨細胞への分化しか確認していないが、iPS細胞に比べればまだ分化能力が低い分、かえって操作しやすい。一方で、iPS細胞の場合と同様に、遺伝子導入に発がん可能性があるレトロウイルスを使っているため、死期が近い先天性疾患の患者以外には、より安全性が高い別の方法を開発する必要がある...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



日本海産のどぐろ一夜干し(100g前後×3枚入)





スポンサーサイト

2007年12月23日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県最新大阪・伊丹空港、「格下げ」濃厚で地元反発 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県:奥様に“時間”をプレゼント ファミリーマートで家事代行サービスチケット(2) >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。