スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県速報-風車落下、溶接に不具合か 製造ミスの可能性も

神戸ジェラート 匠の和風セレクション
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071221-00000005-cnc-l24
 【三重県】国土交通省木津川上流河川事務所(名張市)が管理する伊賀市奥馬野の青山高原無線中継所の風力発電装置の風車(重さ約1・9トン)が18日夜に落下した事故で、同事務所は20日、落下原因について「風車を支える軸の溶接部分で折れており、装置の製造段階で溶接に不具合があった可能性が高い」との見方を示した。

 同事務所によると、風力発電装置は無線施設に電力を供給するため2006年3月に神鋼電機(東京)の大阪支店が施工した。風車部分を含めた発電装置(最大10キロワット)は風力発電装置製造会社「イーアンドイー」(大阪市)の製品。







 落下を確認した19日午前、事務所職員や施工会社が現地で調べた結果、円筒形をした鉄製の軸(直径約20センチ、厚さ約10ミリ)の破断面の半分以上が黒く変色していたことから、溶接の接着度が弱かったとみられる。兵庫県三木市にある同県立工業技術センターに破断部分を運んで検査し、詳しい原因を調べる。

 風車は落下の1時間ほど前に風速25メートル以上の風が吹いたため、直前まで自動停止していた。同事務所は「11月10日に風車部分を点検したが、異常はなかった」という。

 「イ社」によると発電装置の耐用年数は10年。風速70メートルまで耐えられるという。

 18日現在、同規模の「イ社」製の風力発電装置は全国で8基稼働。同社は落下事故を受け19日と20日に設置個所に使用停止を申し入れ、すべて止まっているという...

ニュースの続きを読む



【本物】【美品】エルメス ガーデンパーティTPM H刻印 ハンドバッグ オフホワイト×ブラウン...





スポンサーサイト

2007年12月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県◎携帯の基地局撤去へ=ドコモ関西、公害調停で-健康被害は認めず・大阪簡裁 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県のこれ知ってます?:ミスチルに、X'masソングを求める声が殺到!? >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。