スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県大阪・伊丹空港、関空あるからと格下げ急ぐ国交省

「ココナッツカスタードケーキ?、焼きプリン?」不思議なふしぎな味のカノムモーケン!【冷凍...
 整備費などを国が全額負担する第1種空港に位置づけられてきた大阪国際(伊丹)空港が、来年度から「格下げ」される可能性が強まってきた。国土交通省は、伊丹の格下げを含む空港整備法の改正案を年明けの通常国会に提出予定。20日内示の財務省の平成20年度予算案でも、伊丹の格下げを事実上、織り込んだ編成となった。関空の第2滑走路オープンのもうひとつの“条件”だった伊丹の見直し論議は、終着点を迎えつつある。
 空港整備法の改正案では、伊丹について、整備費などを地元が3分の1負担する「第2種A」相当の種別に変更することが盛り込まれる予定だ。地元自治体関係者は「国交省には、何としても今回で決めようという決意があったようだ」と話す。






 伊丹の第2種Aへの変更を議論してきた交通政策審議会が今年6月の答申で結論を先送りすると、同省はすぐさま、9月に「空港のあり方をめぐる研究会」を設置。空港整備法の改正案を示すなど、作業を急いだ。
 国交省が来年度の法改正を急ぐ背景には、関空で今年8月にオープンした第2滑走路の存在がある。2期島の供用をめぐっては、16年に国交、財務両大臣間で、伊丹の運用についての見直しが条件にあげられた。「公共投資が絞られるなか、あれもこれも投資できない」(関係者)からだ。
 特に、2本目の滑走路がオープンした今年度は、財務当局からの「圧力」が強まった。国交省は「今後の関空整備にブレーキがかかってしまう恐れがあった」と話す...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



「ココナッツカスタードケーキ?、焼きプリン?」不思議なふしぎな味のカノムモーケン!【冷凍...





スポンサーサイト

2007年12月22日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県最新激戦地インドネシア出征から64年 亡父の水筒”復員“ | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県特報-JR脱線事故、遺族の2割超と示談成立 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。