スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県:星野代表監督 名参謀と“最後の会話”

「ココナッツカスタードケーキ?、焼きプリン?」不思議なふしぎな味のカノムモーケン!【冷凍...
 北京五輪日本代表の星野仙一監督(阪神SD)が16日、15日夜に急逝した島野育夫氏の自宅に弔問に駆けつけ、闘将を支え続けた名参謀と無言の対面をした。
 ともに歩んだ道を語らい合う前に逝った相棒。前日に見舞った病院で“また明日くるから”と別れた友は、もう言葉を返してこなかった。
 正午過ぎ、兵庫県伊丹市内にある島野氏の自宅を訪れた星野監督は、厳しい表情で邸内へと入った。





1時間。眠りについた島野氏と心の中で語り合い、家人らと故人をしのんだ。
 立ち去る際も、顔をしかめながら、家人に「どうも」と発しただけで、かたく口を閉ざしたままだった。
 同席した阪神・木戸バッテリーコーチは「つらいやろなあ。奥さんでも知らん話もあるかもなあ」と話した。闘将と名参謀。2人の最後の“会話”は、誰も入り込めない空間だった。
 球団からは告別式での弔辞を頼まれた。語りかけたいことはいくらでもある。ただ、気持ちの整理をつけるには、もう少し時間がかかりそうだ。

(引用 livedoorニュース)



「ココナッツカスタードケーキ?、焼きプリン?」不思議なふしぎな味のカノムモーケン!【冷凍...





スポンサーサイト

2007年12月21日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県でこんなことが:暴行死で無罪差し戻し=「正当防衛は事実誤認」-大阪高裁 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県のこれ知ってます?:中国道でお正月割引を実施 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。