スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県のこれ知ってます?:<危険運転致死罪>飲酒・3人死亡の被告に懲役23年 兵庫

キャラクター 商品楽天 イーグルス ミニゴーフル(クラッチ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071219-00000107-mai-soci
 兵庫県尼崎市の県道で6月、飲酒運転のワゴン車が3人を死亡させた事故で危険運転致死罪に問われた大阪府豊中市、建設作業員、宮田和弘被告(50)の判決公判が19日、神戸地裁尼崎支部であった。渡辺壮裁判長は「飲酒運転への安易な姿勢から起こるべくして起こった惨事。3人の命を奪った結果は重大」と懲役23年(求刑・懲役30年)を言い渡した。最高裁によると、同罪に問われた被告に対する量刑としては過去最長となる。

 判決によると宮田被告は6月23日、友人らと長時間酒を飲んだ後、ワゴン車を運転し、県道わきを歩いていた井上和俊さん(当時29歳)をはねて即死させた。





さらに直後、タクシーと衝突し運転手の岩田浩一さん(当時48歳)と乗客の松村美津子さん(当時68歳)を死亡させた。

 同罪の法定刑は最高20年だが、検察側は二つの事故を併合加重し、刑法上、有期懲役で最長となる30年を求刑した。判決で渡辺裁判長は二つの事故を併合加重することを認めたものの、量刑については「危険運転の原因となった飲酒が同一のものであることを考えると、犯行が完全に独立しているとはいえない」などと説明した。

 この判決に井上さんの父(66)は「3人を死亡させてこの判決にはがっかりだ」。松村さんの長女の松井明美さん(41)は「被告の日ごろの飲酒運転の際の飲酒量が少ないことが判決理由に挙げられたが、少しなら飲酒運転をしてもよいのか」と厳しい表情で話した...

ニュースの続きを読む



★丹波篠山産★【小田垣商店の】超特大3L大玉黒豆 500g





スポンサーサイト

2007年12月20日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県の気になるニュース:加美電機が北部工業団地で操業 福知山市、4番目の進出企業 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県でこんなことが:[生活保護]加古川市が勝手に取り下げ書 不支給決める >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。