スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県速報-[大リーグ薬物疑惑]日本で活躍の選手名も ファンら動揺

豆乳と卵白をミックスし、さわやかな香りの柚子果皮が入ったとろけるような食感の、スプーンで...
 13日公表された米大リーグの薬物汚染に関する最終報告書に挙げられた選手の実名には、日本のプロ球団でプレーする選手の名前もあった。西武で活躍していたアレックス・カブレラ内野手、阪神のジェフ・ウィリアムス投手、ヤクルトのアダム・リグス内野手……。米国球団在籍中だけの話なのか、日本での使用はあったのか。 2003年から阪神の中継ぎ投手として活躍するジェフ・ウィリアムス投手(35)は、薬物の違法販売で逮捕されたメッツ元球団職員とのかかわりの中で名前が挙がった。報告書に添付された小切手の日付は、阪神移籍後の04年12月10日のものだった。 球団広報は14日午前、「今は何もコメントできない」と繰り返すばかりだった。





球団事務所では、午前から契約更改交渉が入っており、球団ではその交渉とともに情報収集に当たっているが、混乱ぶりがうかがえた。 ヤクルトのアダム・リグス内野手(35)も元職員から購入した薬物の支払いに使った小切手の日付が、ヤクルト移籍後の05年11月30日だった。西武を自由契約になったアレックス・カブレラ内野手(35)はダイヤモンドバックス時代の00年、クラブハウスにあった荷物に筋肉増強剤などの禁止薬物が入っていたと報告されている。 パ・リーグの小池唯夫会長は東京都内で報道陣に「プロ野球の球団は薬物使用について注意を喚起してきている。12球団による実行委員会でも折に触れ、自覚をうながしてきた」と話した...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



【送料無料】渓流酔しずくセット300ml*5本





スポンサーサイト

2007年12月20日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県星野監督涙の弔辞「島ちゃん、またな」 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県でこんなことが:星野監督が島野氏告別式で涙の弔辞 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。