スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県:ぼうさい甲子園:和大・中村ゼミに「ぼうさい大賞」 /和歌山

兵庫県発「創業40年肉の山喜本店」おすすめ和牛すきやき 約4~5人前
 ◇東南海・南海地震で孤立想定、防災キャンパス作り--非常食に「山野草リスト」
 子どもや学生の防災教育・活動を顕彰する「ぼうさい甲子園(1・17防災未来賞)」=毎日新聞社、兵庫県、ひょうご震災記念21世紀研究機構主催=で、和歌山大経済学部(和歌山市)の中村太和ゼミナールがぼうさい大賞に選ばれた。来年1月13日午後1時、兵庫県公館(神戸市中央区下山手通4)での表彰式・発表会で賞状、盾、副賞が贈られる。
 学生たちは、東南海・南海地震で紀伊半島が隔絶し、大学も市街地から孤立することを想定。





5200人の学生と教職員が、学内で避難生活する「防災キャンパス作り」を研究している。11月、報告書を小田章学長に提出、対策をとることで合意した。
 学内に自生する山野草を非常食とする「山野草リスト」を作成中。ヨモギなどの写真や繁殖場所、調理法をカードに記して季節ごとにまとめ、地域などで配る。11月の大学祭でてんぷらや茶にして試食した。
 構内の施設や地質なども調べ、地盤が安定している地点を避難路として提案。真夏の避難生活に備え、講義棟の外壁をゴーヤなどで緑化し、園芸用散水シャワーで水を流す冷却実験もした。地域性や独自性が評価された。【藤原崇志】

12月18日朝刊
(引用 yahooニュース)



兵庫県発「創業40年肉の山喜本店」おすすめ和牛ロースしゃぶしゃぶ 約4~5人前





スポンサーサイト

2007年12月19日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県速報-NTT西、フレッツ・光プレミアムなどでインターネット接続できない障害 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県最新伝え続ける震災の「遺品」 芦屋の小学校が新校舎 8人犠牲、机や時計展示 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。