スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県最新ぼうさい甲子園:長岡の太田中に大賞 地域復興に協力 /新潟

兵庫県発「創業40年肉の山喜本店」おすすめ和牛ロースしゃぶしゃぶ 約3~4人前
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071218-00000046-mailo-l15
 子どもたちや学生の防災活動を顕彰する「ぼうさい甲子園(1・17防災未来賞)」=兵庫県、毎日新聞社、ひょうご震災記念21世紀研究機構主催=で、長岡市立太田中学校が大賞に輝いた。来月13日、兵庫県で開かれる表彰式・発表会で賞状などが贈られる。【花岡洋二、衛藤達生】
 太田中は04年10月の中越地震で、学区内が壊滅的被害を受けた後、3カ年計画で地域とともに復興に取り組んだ。今年度は、地域の観光資源に着目し、和紙職人や旅館から聞き取りした。





観光マップと案内板を作る。
 ◇3校に新設賞
 ほかにも、柏崎市の「双子胡瓜」が奨励賞▽小千谷市立小千谷小学校と山古志小中学校、県立柏崎総合高校の3校が「はばタン賞」に選ばれた。
 双子胡瓜は、柏崎市立南中の生徒約20人で自主的に結成。中越沖地震直後に避難所で、ラジオ体操をしたり、被災家屋の後片づけを手伝った。
 はばタン賞は、復興の取り組みを励まそうと、兵庫県が新設した。「はばタン」は不死鳥をイメージした同県のキャラクター。
 小千谷小は学区内に残る仮設住宅の高齢者を訪問してきた。山古志小中学校は福岡沖玄界地震や阪神大震災被災地の学校と交流し、地域の再興を考えている。柏崎総合高は中越沖地震で家財道具を失った被災者に、神戸市のNPO法人「ひまわりの夢企画」と協力して、無償で食器を配る活動を続けてきた。

12月18日朝刊


兵庫県発「創業40年肉の山喜本店」おすすめ和牛すきやき 約3~4人前





スポンサーサイト

2007年12月19日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県でこんなことが:全国自治体が使う被災者支援システム、外字に対応 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県のこれ知ってます?:火災報知機の設置義務付けへ=すべてのカラオケ店に-総務省消防庁 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。