スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県速報-異例!ドコモ、稼動中の携帯基地局撤去へ 公害調停で合意

★落札するとポイント10倍!乾燥のよいちりめんじゃこ350g(広島産)【歳末グルメSA0712】【マ...
 携帯電話のアンテナ基地局が発する電磁波で耳鳴りがするなど、健康を害されたとして、兵庫県川西市の住民らがNTTドコモ関西(大阪市)と基地局の土地を所有する阪急バス(大阪府豊中市)に対し、基地局の撤去を求めた公害調停が大阪簡裁であった。ドコモ側は健康被害を認めていないが、撤去を決めたため、住民側が調停を取り下げることで合意した。総務省によると、稼働中の基地局が撤去されるのは異例という。
 調停申立書などによると、ドコモは平成17年1月、阪急バス所有の土地を借り、同年12月、高さ20メートルの基地局を建設。その後、住民らは耳鳴りや吐き気などの体調不良が生じたとしてドコモに撤去を要請したが、受け入れられなかったため今年5月、公害調停を申し立てた。






 調停でドコモは「電磁波の量は国の基準を下回るごく微弱なもので、健康に影響はない」と主張。しかし、阪急バスが「住民とトラブルになった場合は契約を解除する」との契約条項に基づき賃貸契約解除を決めたため、ドコモが撤去を受け入れた。来年6月ごろに撤去を完了するという。
 NTTドコモ関西の話 「電磁波による健康被害は根拠がないと考えているが、地権者からの申し入れなので撤去に応じた」

【関連記事】
・ あなたの健康、ケータイが守ります?!
・ IIJ、高速無線サービス開始へ ドコモから第3世代携帯ネット借り
・ ワイマックス免許付与迫る メーカー競争激化
・ ドコモが回線貸し出しへ IIJが携帯事業参入
・ 携帯の有害サイト制限、未成年は原則加入に
(引用 yahooニュース)



萩原淳『黄色い花』油彩画・油絵 SM号





スポンサーサイト

2007年12月18日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県:携帯の基地局撤去へ=ドコモ関西、公害調停で-健康被害は認めず・大阪簡裁 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県のこれ知ってます?:[カラオケ店火災]元経営者に禁固4年 神戸地裁判決 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。