スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県でこんなことが:<脳脊髄液減少症>「病気と認めて」患者ら全国で署名活動

「ココナッツカスタードケーキ?、焼きプリン?」不思議なふしぎな味のカノムモーケン!【冷凍...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071217-00000027-mai-soci
 交通事故などによるむち打ちで起こるとされる「脳脊髄(せきずい)液減少症」の患者や家族が、診断基準策定と原因究明を厚生労働省に求める全国的な署名運動を始めた。基準がないため健康保険が適用されず、治療費を負担できない患者が多いうえ、周囲の偏見も強い。運動を支える一人で、患者家族会「愛光会」(約50人)代表世話人の田中俊二さん(42)=兵庫県姫路市=は5年前の事故後、記憶力低下や疲労感に苦しみながら「公的に病気と認めてほしい」と訴える。

 田中さんはバス運転手だった03年1月、乗用車で通勤中に追突事故に遭った。





3カ月たっても頭痛や吐き気、目まいがやまなかった。出社すれば「入院もせず、なぜ働けない」と陰口が聞こえた。原因が分からず、絶望のまま退職した。当時書いた労災保険申請書や手紙を読み返すと、内容が支離滅裂という。

 兵庫県明石市で見つけた7カ所目の病院で、自分の血液を患部に使う「ブラッドパッチ」療法に出合い、手術を5回受けた。目まいや吐き気は治まったが、物忘れやけん怠感が残る。再就職できず、家族が生活を支える。

 治療や相談できる病院は全国に数十カ所しかなく、適切な診断を受けられないことも多い。手術は1回約30万円かかり、平均3回受ける必要がある。「費用を賄えず、回復への扉を閉ざされている人が多い」という。04年ごろ、兵庫、岡山、広島の患者を中心に愛光会を作った。障害年金や労災申請について助言、情報交換する...

ニュースの続きを読む



太陽酒造 酒槽搾り おり酒 新酒





スポンサーサイト

2007年12月18日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県最新○元カラオケ店長に禁固4年=8人死傷の店舗火災-神戸地裁 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県阪神 島野氏葬儀にユニホームで参列 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。