スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県星野監督の名参謀 島野氏が死去

「ココナッツカスタードケーキ?、焼きプリン?」不思議なふしぎな味のカノムモーケン!【冷凍...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071216-00000000-spn-spo
 名参謀が天国へ旅立った。星野仙一・北京五輪日本代表監督(60)の腹心として知られ、今季まで阪神の総合特命コーチを務めていた島野育夫(しまの・いくお)氏が15日午後9時5分、胃がんのため兵庫県西宮市内の病院で死去した。63歳。葬儀・告別式の日程は未定。家族同然の関係だった星野監督は、この日の昼に病院を訪問。見舞いとともに北京五輪切符獲得を報告したが、直後に帰らぬ人となった。

 甲子園の一塁側ベンチ。星野監督の横には常にその姿があった。鬼軍曹として時には憎まれ役を買って出て、陰に日なたに闘将を支え続けた。





3歳下の指揮官を敬意を込めて「監督」と呼び、星野監督からは愛情を込めて「島ちゃん」と呼ばれていた。そんな名参謀が逝った。この20年間は星野監督とともに歩み続けた野球人生だった。

 87年、中日でコーチを務めていた時に星野監督が誕生した。コンビを組み、88年には星野政権の初優勝に貢献した。家族ぐるみの付き合い。特に星野監督の扶沙子夫人からは絶大な信頼を得て、その当時に「主人を日本一にしてあげてください」との約束を交わした。義理堅いことで知られた島野コーチは、その約束を守ることにすべてをささげたといっていい。

 96年、星野監督が中日監督に復帰した際にも同じユニホームを着た。そんな名コンビが悲報に襲われたのは97年1月31日。扶沙子夫人が亡くなり、涙に暮れた島野コーチは葬儀で納骨にまで出席した...

ニュースの続きを読む



「ココナッツカスタードケーキ?、焼きプリン?」不思議なふしぎな味のカノムモーケン!【冷凍...





スポンサーサイト

2007年12月17日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県の気になるニュース:「循環資源」が初出港 タイヤ1トン兵庫へ | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県の気になるニュース:◎利息過払いで賠償認定=無知に乗じた行為―プロミスに支払い命令・神戸地裁 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。