スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県「男女の愛」を斬新な視点で…パリ国立オペラ初来日

長崎産泳ぎとらふぐ泳ぎとらふぐ1尾丸まる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071214-00000003-ykf-ent
 ウィーン国立歌劇場などと並ぶ世界4大歌劇場のひとつで、“オペラ座”の名で親しまれているパリ国立オペラが来年7月、300年を超す歴史の中で初めて来日公演を東京、兵庫県で開催する。ヨーロッパ・オペラ界の風雲児ジェラール・モルティエ総裁に率いられ、オペラ界をリードしてきたパリ国立オペラ。来日公演では大胆な4つの「男女の愛」が斬新な視点で描かれる。ファン垂涎の前売り券は、あす15日から一斉発売される。

 来日公演に選ばれたのは、ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」▽デュカスの「アリアーヌと青ひげ」▽バルトークの「青ひげ公の城」▽ヤナーチェクの「消えた男の日記」-の4つの演目。







 「アリアーヌと青ひげ」は日本初演、さらに「消えた男の日記」は歌とピアノで書かれた原曲を今回の指揮を執るグスタフ・クーンが、管弦楽版に編曲したもので、この版では日本初演だ。

 「トリスタンとイゾルデ」以外は、20世紀に初演された曲というところが、新しい作品の上演を戦略に掲げるこの劇場の面目躍如たるところ。

 その「トリスタンとイゾルデ」も、鬼才演出家ピーター・セラーズの手によって、巨大スクリーンに映し出された映像と舞台上の歌手が絡むという、新しい演出で描かれる。映像制作にはビデオ・アート界の巨匠ビル・ビオラを起用したことも話題で、主人公の2人に擬せられた男女が全裸で海中を泳ぐといったシーンが流れる中、斬新なステージが展開される...

ニュースの続きを読む



【送料無料】料亭藤の坊 三田牛(または神戸牛)すきやきセット





スポンサーサイト

2007年12月16日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県の気になるニュース:40代男性、8割以上が「とりあえずビール」 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県のこれ知ってます?:<生活保護>加古川市が勝手に取り下げ書 不支給決める >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。