スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県速報-兵庫・山陽道の玉突き事故:損賠訴訟 運転手らに1069万円支払い命ず /岡山

マーガリン、ショートニング不使用!ほっこり焼き菓子バターだけで焼き上げた優しい美味しさC's...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071214-00000172-mailo-l33
 ◇「強い眠気」と過失認める--男児の両親の損賠訴訟
 兵庫県赤穂市の山陽自動車道トンネルで04年8月7日、大型トラックが乗用車3台に追突し、幼児3人を含む5人が死亡した事故で、岡山地裁(篠原礼裁判官)は13日、大型トラックの運転手らに対し、死亡した男児(当時3歳)の両親=岡山市=に約1069万円を支払うよう命じた。【石戸諭】
 両親が運転手と福岡市の運送会社、事故時にトンネル内でタイヤ交換をしていた男性を相手取り、約2100万円の賠償を求めていた。篠原裁判官は「運転手は体調不良と疲労で、トンネルに入ったことさえ気付かなかった。





(タイヤ交換していた)男性は低速走行が可能だったにもかかわらず、トンネル内に停車した」などとして、被告側に連帯して支払いを命じた。
 判決などによると、トラック運転手は週2、3回、主に福岡―名古屋間を往復し、事故当時は扁桃腺(へんとうせん)が腫れるなど体調を崩していた。事故当日は、男性がパンク修理のためトンネル内に停車し、一緒に出かけた後続の2台も付近に停車した。
 同日午前6時5分ごろ、大型トラックが停車中の3台に追突。車内にいた男児のほか、計5人が死亡した。判決は「強い眠気を催した状態だった」と運転手の過失を認定。さらに、パンク修理のための停車も「男児の死亡につながった」と男性の過失も認めた。しかし、「男児の母親も自らの判断でトンネル内に停車した」として減額した...

ニュースの続きを読む



豊かな膨らみの香りと広がるコーヒー555円からスタート!!限定【蒸らし焙煎珈琲】ブラジル・サ...





スポンサーサイト

2007年12月15日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県でこんなことが:兵庫の宮原義典騎手と手嶋英治調教師が廃業 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県のこれ知ってます?:「第2回神戸市政フォーラム」来年4月に開催へ=神戸再生フォーラム >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。