スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県忠臣蔵 三遊亭楽松さん、東京ー兵庫間を12日間で走る

長崎産泳ぎとらふぐ泳ぎとらふぐ1尾丸まる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071214-00000002-maip-soci
 赤穂義士の討ち入り(12月14日)を前に、東京から兵庫県赤穂市までの約700キロを12日間かけて走ってきた落語家の三遊亭楽松(らくまつ)さん(43)が13日、四十七士をまつる大石神社にゴール。地元の歓迎を受けた。

 1701(元禄14)年、浅野内匠頭の江戸城松の廊下での刃傷ざたを知らせる早かごは、4日半で江戸-赤穂間を駆け抜けた。





マラソンが趣味の楽松さんは、毎年12月14日に同市で開催される「義士祭」を盛り上げようと早かごをたどる旅を企画。義士の法被を着て今月2日に吉良邸跡(東京都墨田区)を出発していた。

 13日午前、最後の約20キロを走り抜いた楽松さんは大石神社で完走セレモニーに臨み、「道行く多くの人に声をかけてもらい、きずなを感じた」と話した。


マーガリン、ショートニング不使用!ほっこり焼き菓子バターだけで焼き上げた優しい美味しさC's...





スポンサーサイト

2007年12月15日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県の気になるニュース:JR名古屋駅構内に「モチクリーム」の新店舗ー通勤・通学客狙う | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県の気になるニュース:新井“振るタイム”新居に素振り専用部屋 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。