スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県速報-神戸製鋼、チタン新溶解工場の竣工について

品 番: QL-77CL 品 名: 透明両面粘着ゴム(大)薄型液晶TV42型まで対応した透明耐震ゴム...
新溶解炉には、チタンスクラップの使用が可能な当社独自の溶解法である「神戸法(VAR法=真空アーク溶解法)」を導入しており、コスト競争力に優れた国内ナンバーワンの溶解工場を自負しています。また新溶解工場は、現有溶解工場に隣接していることから、安定生産・効率的な操業体制が確保できます。当社では拡大するチタン需要に的確に対応し、着実に事業規模拡大を目指して参ります。
新溶解工場の特徴
溶解法: 「神戸法(VAR法=真空アーク溶解法)」
(チタンスクラップの使用が可能な当社独自の溶解技術)
溶解能力: 約30%増
総投資額: 約35億円
稼動開始: 2008年1月
チタン展伸材の需要
チタン業界はここ数年活況を呈しており、2007年度も高いレベルでの展伸材の生産・出荷が続いています。





これは、国内メーカーのみならず世界全体にも当てはまる傾向であり、航空機需要やエネルギー関連需要の拡大に伴い堅調に推移しています。
当社は、2006年より、次世代航空機向け航空エンジン用の合金チタン鍛造品の製造、及び電力関連を中心とする中国・中東向けインフラ需要用途などの純チタン需要の拡大に対応すべくチタン製品(展伸材)の一貫生産能力の増強を行ってきました。既に、チタン生産に係わる全ての拠点(高砂製作所・加古川製鉄所・神鋼特殊鋼管)の主要設備の増強・改造を実施済みで、この度の新溶解工場竣工により一連の能力増強投資が完了し、全体でも約30%の展伸材生産能力増強が実現します...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)



当社独自の技法!!蒸らし焙煎珈琲1111円スタート!!コーヒー限定【蒸らし焙煎珈琲】ブルーマウ...





スポンサーサイト

2007年12月14日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県の気になるニュース:<阪神・藤川>大リーグ挑戦を要望も球団側は拒否 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県:◎女児2人、暴行受けけが=男が逃走-兵庫・加古川 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。