スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県:しめ縄づくりが最盛期

【飲料・調味料】平成19年度産 丹波篠山産丹波黒の生です丹波篠山産 黒豆生(2L) 1kg
 今年も残すところ約20日、各地で正月準備が進んでいる。兵庫県淡路市では伊弉諾(いざなぎ)神宮の境内に飾られるしめ縄が作られ、香美町香住区でもしめ飾り作りが本格化している。

 伊弉諾神宮(本名孝至宮司)では、迎春準備のしめ縄づくりが行われ、氏子らが大小27本を手作りで仕上げた。しめ縄は29日に取り付けられる。

 町内会が持ち回りで実施する年末恒例行事。今年は多賀地域の5つの町内会が担当し、約60人が参加した。

 神宮が用意したモチ米のワラの束を氏子らが木づちでたたいて柔らかくし、参加者らが手作業で縄を編んでいった。







 正門に取り付ける長さ4・5メートル、直径25センチの大しめ縄をはじめ、夫婦大楠(幹周り8メートル)用などを半日がかりで仕上げた。氏子総代の石上均さん(65)は「来年もみんなが幸せになるよう願って作りました」と話していた。

 一方、香美町香住区の自宅兼作業場で制作を続ける松本晴夫さん(76)は「よい年が迎えられるよう、気持ちを込めて作っています」と話している。

 松本さんは10月初めから作業を始め、妻の菊枝さん(72)も協力し、年内に大小約10種類、計約1500個を制作するという。ワラをもみほぐし、神社に飾る長さ約5~8メートルの大きなものから、家庭用の小さなものまでを作り上げる。
(引用 yahooニュース)



当社独自の技法!!蒸らし焙煎珈琲!!555円からスタート!!【蒸らし焙煎珈琲】神戸ブレンド500gコ...





スポンサーサイト

2007年12月13日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県特報-【リリース・通信業】スカイコム、「外字対応PDF閲覧ソフトウェア」を無償提供 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県Second Life内に当社第1弾「STARTracker」シムをオープン! >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。