スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県でこんなことが:団塊世代に新たな居場所? 50万人そば打ち愛好

当社独自の技法!!蒸らし焙煎珈琲1円スタート!!コーヒー限定【蒸らし焙煎珈琲】ブルーマウンテ...
 ■道場入門、プロ転向組も続々

 団塊の世代を中心に広がる「蕎麦(そば)打ち」人気。余暇で楽しむだけでなく、道場に入門して本格的に修業、定年前に会社を辞めて開店するプロ転向組も少なくない。関係団体によると、愛好者は全国で約50万人にのぼるという。一方で「群れるのが好きな団塊の世代が求めた身の置きどころ」と冷ややかな声も聞かれる。その人気はいつまで続く?

 ◆人生が変わった

 兵庫県三田市の「永沢寺そば道場」で先月23日から3日間、蕎麦打ちの技術を競う段位認定試験が行われた。全国の自治体や愛好者団体らでつくる「全国麺(めん)類文化地域間交流推進協議会」(全麺協)が主催するもので、全国3府7県の20~71歳の144人が、二、三段の昇段試験に挑んだ。







 平成2年にオープンした同道場は関西の蕎麦打ち教室の草分け。基本的な技術を学ぶ約2時間の体験教室には年間約4000人が訪れ、延べ5万人以上が受講。そのうち約20人が店を開業した。

 「ほとんどが50代以上か団塊世代の男性」と道場を経営する和田良三さん(66)。

 道場出身で、52歳で電鉄会社を退社し、3年前に神戸市北区内で開店した箱崎孝治さん(56)は「退職金を開店資金に注ぎ込んだ。蕎麦打ちで人生が変わってしまった」と話す。

 ◆海外産地ツアーも

 蕎麦打ちファンは増加を続け、全麺協によると全国約50万人。道場は300を超えた...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)



カップの下にもおしゃれ♪筆で描いたような4色絵柄♪和布製コースター【単品1枚】





スポンサーサイト

2007年12月09日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県最新住民同士ふれあいの輪を 宇治で16日 あつまろフェスタ | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県の気になるニュース:銀行に強盗、800万円奪う 川西、転倒し逮捕 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。