スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

兵庫県でこんなことが:粒子線がん治療、現状探る 精華で「光医療シンポ」

■『 店主が大切に自家焙煎した豆を真心込めてお届けしたい 』■1円オークション コーヒー限...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071207-00000023-kyt-l26
 レーザーを応用した粒子線がん治療の現状と今後の展開について考える「けいはんな光医療産業バレー シンポジウム」が6日、精華町光台のけいはんなプラザで、研究者ら約200人が出席して開催された。
 陽子線などを使う粒子線がん治療は、腫瘍(しゅよう)部位をピンポイントで狙え、一般的なエックス線を用いた放射線治療よりも副作用が少なく、効果的に治療ができるため、注目されている。しかし設備が巨大で高価なため治療費がかさみ、普及していない。
 日本原子力研究開発機構関西光科学研究所(木津川市梅美台)は高強度レーザーを応用して粒子線加速器を小型化し、普及させる研究開発に取り組んでいる。





同研究所の事業が本年度、文部科学省の新規事業に採択され、今後10年で50億円以上をかけ、小型粒子線がん治療器実現への研究態勢に道筋がついた。
 シンポジウムは、この記念に同研究所などが開催、京都大名誉教授の阿部光幸兵庫県立粒子線医療センター名誉顧問が基調講演した。阿部名誉顧問は粒子線治療前後の患者の腫瘍部位の写真を示し、粒子線治療の効果を強調。「加速器の小型化を成功させ、いつでも、どこでも、誰でも粒子線治療が受けられる時代を実現する」と述べた。
 また、府保健福祉部の成瀬昭二理事が「京都ひかり医療センター(仮称)構想」と題して講演、全国初の粒子線治療など光を応用した最先端医療施設を学研都市地区に設置するといった構想にも言及した...

ニュースの続きを読む



当社独自の技法!!蒸らし焙煎珈琲1111円スタート!!コーヒー限定【蒸らし焙煎珈琲】ブルーマウ...





スポンサーサイト

2007年12月08日 未分類 トラックバック:0 コメント:0

<< 兵庫県速報-冬のラブソング、思い出詰まる名曲が人気 | 兵庫県 新聞速報TOP | 兵庫県の気になるニュース:河野が天元3連覇 >>












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。